製品情報

福島原発事故対応製品
放射能測定器レンタルサービス
校正点検
    

ET-Enterprises社(イギリス)製の光電子増倍管の取扱いを開始しました。

ET-Enterprise社は、2007年設立の新しい会社ですが、その光検出器との関わりは、EMIの一部門であった1930年代にまで遡ります。 1940年代後期には、光電子増倍管の開発と製造を開始しています。
1994年にはEMIから分離してETL社となりました。

現在は、Ludlum社(アメリカ)の子会社として、同じく光電子増倍管の製造を行っているADIT社(アメリカ)と協力しながら、活動しています。大口径のPMT、また、Photonis社製光電子増倍管の相当品も取り揃えています。



     
  

  
ET-Enterprises社製光電子増倍管が使用された主なプロジェクト

・HIPPARCOS プロジェクト
・INTEGRAL プロジェクト
MAGIC 高分解能宇宙線テレスコープ
・Dark Matter experiments
・Borexino プロジェクト~ クランサッソ国立研究所(イタリア)
・NASA Gamma Ray Observatory and SOHO プロジェクト


  
 
  
以下は人気のある主な型式のリストです。これ以外にも多くのラインナップがございます。
  ヘッドオンタイプの直径は、19mm(0.75インチ)から200mm(8インチ)まで取り揃えています。
  大口径で半球体タイプ、フラットタイプもあります。またサイドオンタイプもございます。
  光電面は、bialkaliの他、クォーツ、MgF2(大口径を除く)なども選択可能です。
  ご不明な点がございましたら、ご遠慮なく御問合せください。


型式 形状 直径
(mm)
光電面 波長範囲 ゲイン
(×106
暗電流
(nA)
最大感度
(A/lm)
9102 ヘッドオン 32 bialkali 290-630 5.6 0.05 500
9107 ヘッドオン 25 bialkali 280-630 30 0.2 2000
9111 ヘッドオン 22 bialkali 280-630 7.1 0.3 500
 9124 ヘッドオン  25 bialkali 280-680 22 0.3 2000
9265 ヘッドオン 70 bialkali 295-630 3 0.5 200
9266 ヘッドオン 48 bialkali 290-630 7 0.3 500
9305 ヘッドオン 70 bialkali 295-630 3 0.5 200
9306 ヘッドオン 80 bialkali 295-630 3 1 200
9390 ヘッドオン 115 bialkali 300-630 2.7 1 200
9780 サイドオン   8×24 bialkali  280-630   1  0.1 500 
9823 ヘッドオン  130  bialkali  280-630   80 100  10000 
9828 ヘッドオン 25 S20 280-870 9 2 2000
9900 ヘッドオン 25 bialkali 280-680 25 0.3 2000
9902 ヘッドオン 32 bialkali 290-680 5 0.1 500
9924 ヘッドオン 25 bialkali 280-680 21 0.2 2000
 

 PMTアクセサリー
 ET-Enterprises社では、光電子増倍管のアクセサリー類や、アッセンブリー、回路関係も取り揃えています。
 
アクセサリーとして、ソケット、ディバイダー、シールドがあります。
 その他、フォトンカウンティングモジュール、高圧電源、アンプーディスクリミネーター、
 マルチチャンネルスケーラー/カウンタータイマーモジュールなどもございます。




 フォトンカウンティングモジュール PDM9107-CP-TTL

 PDM9107-CP-TTLは、高感度、低ノイズで、直径1インチの光電子増倍管、アンプーディスクリミネーター、低電力消費の高圧電源を一体化した、フォトンカウンティングモジュールです。
高速応答と低暗電流の組合せにより、幅広いダイナミックレンジが実現できています。
正極で高圧供給され、とても低い光量レベルであっても、安定して計数できます。
波長範囲は、280から630nmです。
光電面にクォーツを使用した場合160nmからになります。


 
 



 フォトマル用高圧電源 HVLA3000

HVLA3000は、フォトマル用の高圧電源です。
Positive / Negativeの選択ができ、電圧は、100V~3000Vまで可変できます。
入力電圧は、100Vから240Vです。
USB端子経由で、PCと接続してフォトンカウンティングシステム用高圧電源として使用できます。

 
 



 アンプディスクリミネーター ADシリーズ

小型で低ノイズ、高ゲインのアンプディスクリミネーターを各種取り揃えています。
主な用途は下記のとおりです。

・固定閾値を超えるフォトマルによるパルス計測
・シングルフォトン計測、複数のフォトン計測用アプリケーション

セレクションガイド
型式 電気抵抗ohms DSL閾値 mV pulse pair
resolution
(ns)
出力パルス 電源仕様
AD1 50 -1 100 ECL +5V, 25mA 
-5V, 100mA
AD2 50 -0.5 ~ -2.5 25, 40, 80* ECL +5V, 25mA 
-5V, 100mA
AD3 50 -2 ~ -5 10 to 100 ECL -5V, 65mA
AD6 50 -2 24 TTL** +5V, 10mA
AD7 50 -2 ~ -5 24 TTL** +5V, 10mA
AD8 50 -2 25 TTL +5V, 10mA






 マルチチャネルスケーラー/カウンタータイマーモジュール MCS-CT3


MCS-CT3は、AD8等のアンプディスクリミネーターと接続して、
TTLパルスを計測するのに適しています。
特長
・最大計数率150MHz
・同期計測のためのトリガー入力
・TTL入力受信
・PCソフトウェアによる2台同時操作可能
・チャネル幅200μs~999hr
・チャネル数1~65535、又は連続操作
 
動作モード
PCから専用ソフトウェアを使用して操作することで以下の動作モードが可能です。
・読取回数固定
・連続読取
・動作時間固定
・自動プラトー測定(PMT高圧コントロール出力を使用)
・外部スイッチによる測定開始/停止