製品情報

福島原発事故対応製品
放射能測定器レンタルサービス
校正点検
好評発売中!

CoMo 170/300 の概要

CoMo170/300は、α、β、γ線に感度のある、ZnSコーティングプラスチックシンチレーション検出器を採用した、最新型のポータブル汚染モニターです。

検出器面積170㎝2のCoMo170と、300㎝2のCoMo300の2つラインナップがあります。

GM管式サーベイメーターと比べて測定効率が高く、ガス充填式やガスフロー式に比べてメンテナンス性に優れます。

豊富なオプションも揃っており、様々な測定ニーズに対応しています。


CoMo170




CoMo300(左)とCoMo170(右)

CoMo170/300 主な特徴

  ZnSコーティングのプラスチックシンチレーション検出器を採用!
  1台で、α線、β/γ線を分離測定可能!α線の有無を自動判定!(下記画像参照)
  測定結果は、cps又は核種毎にBq、Bq/㎝2で表示!
  750データメモリー可能!
  豊富なオプション(下記画像参照)



CoMo表示例


スメアテスト用オプション


配管内測定用検出器オプション

   

床面測定用オプション


線量率測定用オプション
   

製品仕様

検出器 ZnSコーティングプラスチックシンチレーション検出器
検出器サイズ 検出器面積:170㎝2(CoMo170)、300㎝2(CoMo300)
バックグランド CoMo170:α線(約0.1cps)、βγ(約15~25cps)
CoMo300:α線(約0.1cps)、βγ(約20~30cps)
バックグランド減算 net又はgross表示選択
自動バックグランド減算機能
バックグランド測定時間設定
アラーム cps、核種毎設定可能
測定値表示 cps又はBq, Bq/cm2
核種登録 25核種校正定数設定、2混合核種定義可能
測定時間 自動連続測定又は設定時間測定
表示 128×64ピクセル液晶ディスプレイ
デジタル測定値表示、アナログバー表示併記
電源 単三電池×2本、動作時間約25時間
使用温度範囲 -10℃~40℃、結露なし
寸法 L280×W125×H135mm(CoMo170)
L318×W157×H172mm(CoMo300)
 重量 約750g(CoMo170)、約1,000g(CoMo300) 
製造元 SEA社(ドイツ)

  

  •   

核種効率(100㎝2面線源)

C-14 約14%  Co-60  約23%   I-131 約21% 
F-18  約18%  Sr-89  約27%  C-137  約35% 
P-32  約25%  Sr-90/Y-90  約42%  Au-198  約23% 
S-35  約12%  Tc-99m  約3%  Tl-204  約43% 
Cl-36  約42%  In-111  約8%  Am-241α  約18% 
K-40  約30%  I-123  約7%  Pu-238α  約18% 
Co-57  約7%  I-125  約12%  U-238α  約22% 

 


SEA

SEA社は、1993年に設立されたドイツにある放射線測定器の製造販売業者です。設立以来、顧客からのカスタマイズ要望などに応じて製造してきた測定器が、各分野でのスタンダード商品となっています。シンチレーション検出器を使った測定装置が得意で、商品ラインナップを多く持っています。
弊社は、SEA社の日本総代理店です。

SEA社屋
           SEA社屋